Loading...

LIVE

メインステージの出演者が続々決定!神戸港の潮風が吹く壮大なメリケンパークのメインステージにて、台湾を愛するアーティストが集結!スペシャルライブを披露します!

会場 神戸市メリケンパーク
Day 1 18(Fri) October, 2019 スペシャルゲスト 中孝介 出演
Day 2 19(Sat) October, 2019 スペシャルゲスト chay 出演
Day 3 20(Sun) October, 2019 スペシャルゲスト リン・ユーチュン(林育羣) 出演
入場 無料
会場 神戸市メリケンパーク
Day 1 18(Fri) October, 2019 
スペシャルゲスト 中孝介 出演
Day 2 19(Sat) October, 2019 
スペシャルゲスト chay 出演
Day 3 20(Sun) October, 2019 
スペシャルゲスト リン・ユーチュン(林育羣) 出演
入場 無料

ARTIST

  • portfolio

live

中 孝介

鹿児島県奄美大島出身、在住。高校生の頃、独学でシマ唄を始める。 2006年EPIC RECORDS JAPANよりメジャーデビュー。 2007年「花」をリリースし世代を超えた大ヒットになる。 2008年台湾歴代興行収入を塗り替える大ヒットとなった映画『海角七号』に本人役として出演。 2016年にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバム「THE BEST OF KOUSUKE ATARI」をリリース。 2017年から元ちとせさんとのユニット“お中元”で各地でコンサートを開催し、 2018年は初のシンガポール公演、日本でもコンサートツアーを実施。 中国本土では自身最大の10都市で単独コンサートを開催。 その声は、「地上で、もっとも優しい歌声」と称され、 日本国内だけでなく、中国~アジア全域でも活動の幅を広げている。

  • portfolio

live

chay

1990年10月23日生まれ。幼少の頃から歌手を目指し、小学生の頃からピアノで曲を作り始める。大学に入学すると同時にギターを始め、路上ライブなどを重ね、本格的に音楽活動を始める。2012年10月に「はじめての気持ち」でワーナーミュージック・ジャパンよりCDデビュー。2013年10月より2014年3月までフジテレビ系「テラスハウス」に出演し、各方面で話題に。2014年5月より「CanCam」専属モデルとしても活動開始。2015年2月にリリースされた「あなたに恋をしてみました」は、フジテレビ系 月9ドラマの主題歌となり、50万DLを突破し大ヒット!2019年4月24日、富士フイルム #教室アルバム キャンペーンタイアップソング「大切な色彩」を発売。春をテーマに歌う3曲が揃ったchay12枚目のシングル!さらに2019年8月公開映画「ダンスウィズミー」で女優デビューを果たす。

  • portfolio

live

リン・ユーチュン(林育羣)

台湾のカラオケバトル番組でホイットニーヒューストン「I will always love you」を披露。その歌唱力が台湾の人々を魅了し、アメリカのメディアで取り上げられたことがきっかけで一躍有名に。Youtubeでも当楽曲の映像が1億5000万回再生を突破!中国の有名カラオケバトル番組「中國好聲音 第二季」出演や2012年からのテレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」出演では高視聴率をたたき出し、中国、日本でも知名度が一気に上昇した。中国語、英語、日本語を自在に操る“奇跡の泣きヴォイス”は今や世界中からのオファーが絶えず、多くの人を魅了し続けている。

  • portfolio

京劇

錢宇珊

10歳から、国立復興劇芸実験学校(現国立台湾戯曲専科学校)に入学し、中華伝統演劇である京劇を学び始める。役柄は「花旦」が専門。2002年、「当代伝奇劇場(Contemporary Legend Theatre)」で、芸術の業務に関わる仕事を学び、演目「《Hip Hop兄妹串戲》Hip Hopera Bother&Siater、《Box 兄妹串戲》Box  of Brother and Sister 、水滸108」などの代表的な作品のディレクターと主役を担当。得意な伝統的演目として代表的な作品は「烏龍院、紅娘、拾玉鐲、秋江、紅線盜盒」。期間中、北京や昆明の多くの有名な芸術家と伝統的な芸術を研究し、公演を行う。自分の限界の壁に常に挑戦し続け、多方面にわたって才能を発揮する「マルチタレント」を目指す。2014年、「京劇を実生活に取り入れよう!」テーマとして、個人でブランドの立ち上げる。京劇サマーキャンプ、コンサートツアー、京劇ファッションメイクアートスタジオなどイベント、さまざま現代的な方法で発信を行う。新しい未来を迎えるために、前例がない京劇形式の京劇近代化を推進している。

  • portfolio

官将首

吳俊希

台北体育学院の武術専門を卒業後、パフォーマーとして10年以上活動し、現在は映画アクションディレクター兼アクションメンバーとして活躍。香港ジンバオアクションチームのサモ・ハン・キンポーのトレーニングに参加し、台湾にて、映画やドラマの撮影を行う。『返校 -Detention-、Deep Evil 、The Tag-Along: The Devil Fish、SPL 狼たちの処刑台、怪怪怪怪物!、Café. Waiting. Love、You Light Up My Star、天台、Machi Action、ブラック&ホワイト』など、数多くのテレビや映画に出演しました。台北国立舞踊団、極武功夫芸術団、台北極鼓擊、屏風表演班、白雪綜芸劇団など劇団でも出演歴多数。

官将首・・・台湾で古くから行われる陣頭とよばれるお祭り行列の一つ。顔に鮮やかな隈取りをほどこし、武術の動作をし、民間舞踊の衣装と彫刻を一身にまとった台湾の民間芸術。

  • portfolio

官将首

  • Performer: 談威珵
  • Date: 19,20 October, 2019

談威珵

中学生の頃から、武術や伝統芸能である獅子舞、ドラ、太鼓を学び始める。大学では、台湾中国文化大学の國術学部で、本格的に芸術活動を始める。大学在籍中に京劇と踊りメンバーとして、海外公演を行いました。2007年には、台北民族舞踊団のメンバーとして、さまざまな大規模劇場公演に参加し、翌年には、台北極鼓擊團員創作太鼓打擊樂團のコンサートツアーを行う。台湾の內政部役政署公益大使団の大使に選ばれました。2019年、中国の伝統とイノベーションを融合した新しいスタイルのドラムバンド、天威響藝のブランドを創立。同年、ACT台北動作特技団隊、FOCA福爾摩沙馬戯団、戊己劇団の誘いにより【一擊瞬間、武力全開、女媧補情天、展功夫-大俠ON-Line】の主役を務めました。

  • portfolio

官将首

王盈凱

1990年01月24日生まれ、10歳で国立台湾戯曲学院に入学し、8年間京劇を学び、学校内外の大小さまざまな演出に参加した。そして、中華民国全国大専校院運動会、国慶日大会、オーストラリアの聴覚障害者オリンピックの閉会式、2009年の台北聴覚障害者オリンピックの聖火ランナー、オリンピック式典などのアシスタントを務めました。国を代表して数多くの大会に参加しました。演劇学校を卒業後、国立台湾芸術大学のダンス部門に入学。ダンスの他にも、少林寺硬気功や川劇で豊かな表現方法などを習得。18歳の時、俳優としてデビューし、ドラマと映画に出演。2012年、ニューシルクロードモデルコンペティションに参加し、男性モデルの3位に選ばれ、映画とドラマで活躍しています。

  • portfolio

官将首

  • Performer: 施政良
  • Date: 19,20 October, 2019

施政良

幼少の頃からスピードスケートを始め、全国大会で、多くの賞などを獲得。1991年、優秀な成績で国立台湾戲曲学院入学後、京劇の役割である「武生」、「老生」、「武丑」など多くの科目を専攻し、経験を積みがら、本格的な演劇活動を始める。2000年、台湾中国文化大学の芸術学院の演劇部、教育学院の国術複数科目を専攻。及びスポーツ生理学や力学研究に関する学術教育など、多岐にわたり修了。専門分野として、心理学及び少林長拳。2001年に、団長として舞楽芸劇表演芸術団を設立。現在、武術団体や演劇団体、学校、政府機関など数多くの場所で、児童から大人に至るまで様々な人達に向けて、演出顧問、舞台ディレクターとして指導に当たりながら、台湾新北市政府文化局-新北藝棧のCEOも兼任している。多忙の中、武術の試合などにも積極に参加し、多方面にわたって才能を発揮している。

  • portfolio

live

洸美-hiromi- 

台湾生まれ・台湾育ちのハーフ。18才より来日。 独特の情景描写や素直な感情表現を、透明感ある歌声と共に織りなす台湾系 J-pop シ ンガーソングライター。台湾で感じた物事や景色、中国語を織り交ぜた歌詞が特徴 的。 ライブをメインに、作詞作曲歌唱・ラジオパーソナリティ・MC・ナレーション・講 演など、日本と台湾を中心に活動。数々の台湾フェスに出演するほか、Youtube チャンネル「台湾でアイヤー!」ナビゲ ーターを担当、2019 年 7 月には台湾台北地下街にて「J-POP SUMMER FESTIVAL」 をプロデュース&出演。同時に台北大葉高島屋にて開催のビアガーデンにも出演。 また、2020 年 2 月に公開予定の長編映画「恋恋豆花」書き下ろし劇中歌担当、本人 役で出演が決まっている。

  • portfolio

live

飲茶娘

感情を、歌詞を聴いている⼈の⼼へガツンと送るシンガー。 2018年11⽉マキシシングルCD「fun!fan!fun!」を発表、オリコンデイリー6位、インディ ズ週間6位を獲得。 17LIVEでは5000⼈以上のフォロワーを誇り、トップライバーとして活躍中。 携帯ゲーム『ゴエティアクロス』主題歌。 美少⼥ゲーム『ラズベリーキューブ』のルートエンディングのボーカルに参加。 20分間ダンソン等 変なこともする。

ART

台湾の彰化県から“置きランタン”が神戸に上陸! 今回のLove Taiwan in KOBEでは初めて台湾からの「花燈」(ランタン)が登場します。そして地元台湾でもニュースになるぐらい話題になりました。なぜなら!これらのランタンは一般の企業で作成したものではなく。なんと!刑務所で服役中の人達がデザイン作成しています。大きさもさることながら、その出来上がりはとても精巧で素晴らしいものです。是非、メリケンパークにお越しいただきじっくりご覧ください。下は台湾内のニュースを抜粋して訳した内容です。

  • portfolio

[抜粋記事翻訳]
“私共法務部矯正署彰化刑務所では、2003年に民芸グループを設立し、長年にわたる台湾伝統文化を中心に工芸研究と技術革新、技術経験が受け継がれていく事を活動目的としています。一般的な寺院活動だけにとどまらず、大小さまざまなランタンの生産に加え、一般のランタン本体から防水ランタンなど、数え切れないほどの試行錯誤で開発、製造しています。お陰様でランタン業界きっての高い技術と誇りをもっています。ランタンクラフト文化の絶え間ない変化に伴い、今ではランタンフェスティバルのモデルも都市のマーケットや文化に合わせて発展をしています。それに伴い、地元の文化や都市を表すテーマランタンが活動の主流となり、彰化刑務所もその傾向に適合し、時代とともに進歩し、実績を積みました。近年のランタンは非常に創造的であるだけでなく、多くの文化的要素が組み込まれています。製作した作品はしばしばランタンフェスティバルの注目となり、ニュースメディアやコミュニティから温かく受け止められ、賞賛されています。そして今回、私達の技術と工芸研究を理解して頂いた[Love Taiwan 2019 In KOBE]実行委員会は今年の10月18日から20日に日本の神戸市で開催されるイベンドに「台湾本場のランタン製作展示の依頼を受けました。」と彰化刑務所黄坤前所長は述べられました。

  • portfolio

実行委員会副委員長富田家彰が6月27日に、彰化刑務所を訪問し、台湾の文化を表すランタンの委託製造の相談に来所しました。8月11日の午後、実行委員会副委員長二名、富田家彰及び廖麗香は神戸から彰化刑務所を来訪、ランタンの最終設計案に署名しました。 このランタンは、高雄の蓮池潭に龍虎タワーのテーマに基づいており、台湾の伝統慣習と祈り文化について紹介しています。このランタンは9月12日に完成しました。一方で、日本の神戸市民が台湾のランタン芸術と人と文化について体験する為に、当委員会は2019年台湾ランタンフェスティバルで2つの受賞作品「神将賜福獅獻瑞」と「海底パーティー」を借り、今回の[Love Taiwan 2019 In KOBE]で展示します。彰化刑務所黄所長は今後の台湾と日本の友好ため、「Love Taiwan実行委員會」に贈りました。台湾の地元の文化的特徴に満ちたランタンは、今回のイベントの華やかさを高めてくれると考えています。3つのランタンは日本の神戸市に向けて出荷する準備中です。黄所長はこのイベントをきっかけに、台湾の文化を世界に見せることだけでなく、台湾の矯正施設では、技能訓練による教育を通して、芸術と文化を推進する理念が成功したと強調しました。これは、彰化刑務所民俗芸術グループの学生に対する励ましと誇りです。鉄窓の内側でのランタン芸術は国際的に有名であり、彰化刑務所の全員も同じことを誇らしいと思っています。”

  • portfolio